出血した時なかなか血が止まらないのは注意

MENU

出血した時なかなか血が止まらないのは注意

 

ドロドロ血の怖さは、ケガをしたときになかなか血が止まらないという症状を起こします。

 

血栓は血液の流れを止めて色々な病気の原因になりますが、しかし、固める力が強過ぎても困りますが、固まりにくくても困るのです。ドロドロ血は、血液を固める力まで奪ってしまうのです。

 

血液を固める力が弱すぎると、最悪の場合出血多量で死亡する可能性も出てきます。このように、ドロドロ血の害は大きく、怖いものがありますから、手術の際などはドロドロ血の検査も行います。

 

出血はいつ、どのように突然起こるかわかりません。気になる方は病院で赤血球の検査をすることをおススメします。

 

血管年齢というのがありますが、血管年齢は実年齢ではありません。現代の若い人たちは食べ物もドロドロ血にしてしまう脂分の多いものを食べる他、夜更かしをしたり運動不足もあり、ドロドロ血による影響で、血管年齢が実年齢よりもかなり高いと言われています。

 

それに比べて、高年齢層の方が自分の体に気を付けているので、血管年齢が実年齢より若いといいます。従って現代は「人間は血管とともに老いていく」というのは当てはまらないようです。

 

年齢よりも、日ごろの生活習慣がドロドロ血を招いたり、あるいは心がけ次第で血管年齢も若くいられるのです。若い人に血管年齢が高くなっている逆転現象は、若年性糖尿病患者を増加させています。

 

若年性糖尿病は「1型糖尿病」とも呼ばれていますが、この患者さんが妊娠すると体内感染をする可能性が大きいといいます。なってからでは遅いです。ドロドロ血を予防する生活を心がけることをおススメします。

 

関連ページ

手のひらの色をチェック
ドロドロ血のチェックのひとつ「手のひらの色をチェック」について説明します。
鼻先・ほほ・眉毛の上が赤いかチェック
ドロドロ血のチェックのひとつ「鼻先・ほほ・眉毛の上が赤いかチェックについて説明します。
1日中頭が重たいとかボーっとするのは注意
ドロドロ血のチェックのひとつ「1日中頭が重たいとかボーっとするのは注意」について説明します。
100m歩くだけで足が痛くなるかチェック
ドロドロ血のチェックのひとつ「100m歩くだけで足が痛くなるかチェック」について説明します。