ドロドロ血の予防法

MENU

ドロドロ血の予防法記事一覧

血栓と聞くと、悪いというイメージですが、血栓そのものは私たちの体にとって必要不可欠なものなのです。この血栓の力がなければ、もしも出血した時に血が止まらないという事が起こってしまいます。血液の働きには、このように血液を固める力と、血液を溶かす力が同時に備わっています。しかし、血栓を溶かす力が低下した結果、血栓症という病気を招きます。血管が詰まるのは、食生活や生活習慣の乱れなどから起こるコレステロール...

極端な話、座りっぱなしだと血流が悪くなって腰がこったりします。飛行機に乗った時に起こるエコノミー症候群も長時間同じ姿勢を続けたことから起こります。このように、体の外部からの圧迫でも血液の流れが悪くなります。従って、手足のマッサージやストレッチなどで適度に刺激すると血液の流れが良くなります。ドロドロ血は血液の流れを悪くするので、このように外からの刺激で血液の流れを良くすることで血管壁を傷つけずにすみ...

水を正しく飲む習慣をつけるだけでも、病気になるリスクを下げて、老化も遅らせることができます。人間の体に大きく影響する水の飲み方は、ドロドロ血の予防にも改善に役立ちます。そして、水の飲み方でも違ってきます。大事なのは、水を飲むときは一度にたくさん飲むのではなく、こまめに飲むことが、より体に良い影響を与えます。一度にたくさんの水を飲んでも、体の保水量は変わらないといいます。一度に大量の水を飲むと、トイ...

ストレスが健康に与える影響の大きさは良く知られていますが、ドロドロ血を作る原因にもなっています。緊張したりストレスを受けると、脈を打つのが速くなり、血管は収縮してその結果血圧が上ります。さらに、総コレステロールの値が高くなり、血液がスムーズに流れなくなり、そしてドロドロ血になってしまいます。そのうえ、ストレスにとって体が緊張すると知らないうちに汗をかきます。いわゆる冷や汗というのがそうですね。困っ...

ドロドロ血になってしまう原因には、やはり食事が一番影響してきます。食べ過ぎなどはドロドロ血にしてしまう大きな原因になってしまいます。私は糖尿病になっているので、糖尿病のことは詳しいのですが、糖尿病になる一番の原因はドロドロ血で、多くは食べ過ぎからくるドロドロ血なのです。糖尿病が血管の病気と言われるゆえんです。食べ過ぎはドロドロ血になり、高血圧他様々な生活習慣病を招きます。ドロドロ血を解消するには偏...

ドロドロ血が引き起こす弊害ははかりしれないものがあります。ドロドロ血にしてしまう原因には食品による影響が大きく、ドロドロ血の人が増え続けているのも日本の家庭の食卓が欧米風に変化したことが指摘されています。昔の日本の家庭の食卓は、海に囲まれている日本らしく、魚が多く食べられていました。サンマなどはあまりにも日本の食卓を連想する魚です。今、サンマほか、マグロ、ハマチ、サバ、ブリ、イワシ、サケなどの青魚...

生活習慣病の予防や改善の為に、繰り返し叫ばれているのが「バランスの良い食事、適度な運動、規則正しい生活習慣」です。この生活習慣病の予防法は、そっくりそのままドロドロ血解消と予防に繋がります。体を動かして運動をすることで新陳代謝が高まり、血液中の中性脂肪やコレステロールが燃焼されるため、ドロドロ血になるのを防いでくれます。しかし、現代の人は運動不足の人が多く、そして、食べる物は高カロリー、高脂肪のも...