ドロドロ血の原因

MENU

ドロドロ血の原因記事一覧

ドロドロ血の原因が様々ありますが、一番の原因は食べ物です。「今の食事が5年後の肌に出る」とも言われていますが、ドロドロ血になった原因は昨日今日の食事の内容で出るわけではないのです。数年単位、あるいはもっと以前からの食事を続けた結果がドロドロ血となって現れます。糖尿病の場合も一番の原因は食事で、長い間甘いものを食べ過ぎたとか、美味しいものを食べ過ぎたとか、かなりの年数を続けた結果発症します。ドロドロ...

ストレス社会と言われる現代では、多くの人がストレスを感じながら暮らしています。困ったストレスなのですが、ある程度のストレスは人間にとって必要なものなのです。しかし、極度のストレスが続くと健康に障害が現れます。その一つにドロドロ血にしてしまうことがあげられます。ストレスがドロドロ血にしてしまうその理由は、ストレスを受けると交感神経が活性化されます。そして、心拍数が増えますから、心臓から送り出される血...

ドロドロ血になる原因には、夏の暑さや冬の乾いた空気によるものもあります。夏は汗をかいて、汗と一緒に血液中の水分が出てしまいます。血液中の水分が減った結果、血液の濃度が高くなりドロドロ血になってしまいます。夏の暑さによるドロドロ血を防ぐには、こまめに水分の補給をすることが肝心です。水分を補うことで、血液がドロドロとした状態になることが防げます。水分の不足で血液の濃度が高くなると血液がスムーズに流れな...

健康に良いとわかっていても、なかなかできないのが運動です。私のように糖尿病からくる神経障害が足に出て、足切断!などという恐怖から、しっかり運動を続けられますが、そうでないと、今のように毎日運動しなかったと思います。食事療法のおかげもありますが、毎日しっかり運動を続けることで、以前にもまして体の調子が良くなっています。こうして、運動の効果がはっきりわかることで、運動を続ける気力も出てきます。適度な運...

動脈硬化ほか糖尿病などの成人病を引きおこすドロドロ血ですが、最近の医学で「眠っているあいだの酸素不足」ということ言われるようになりました。この眠っている間の酸素不足は、「睡眠時無呼吸症候群」という名前が付けられていますが、眠っている間のことなので、自分では発見できないことが多いです。睡眠時無呼吸症候群になると、息ができないので酸素不足になります。酸素不足になると血液中の赤血球が増え過ぎて濃度が高く...