夏の猛暑・冬の乾燥によるもの

MENU

夏の猛暑・冬の乾燥によるもの

 

ドロドロ血になる原因には、夏の暑さや冬の乾いた空気によるものもあります。

 

夏は汗をかいて、汗と一緒に血液中の水分が出てしまいます。血液中の水分が減った結果、血液の濃度が高くなりドロドロ血になってしまいます。

 

夏の暑さによるドロドロ血を防ぐには、こまめに水分の補給をすることが肝心です。水分を補うことで、血液がドロドロとした状態になることが防げます。

 

水分の不足で血液の濃度が高くなると血液がスムーズに流れなくなり、血栓を起こしたり、あるいは脳梗塞を招いてしまいます。

 

近年は、毎年異常な暑さで脱水症となり亡くなる人もたくさんでています。脱水症を防ぐためにも夏の暑いときには水分補給が欠かせません。

 

高齢になると、喉が渇いても、渇いたという事を自覚せずにいることが多く、そのため、脱水症も高齢の方が多く亡くなっています。本当は、喉が渇いたと感じてから水分を摂ったのでは遅いのだそうです。喉が渇く前に、適当な時間を見計らって水分補給をすることをおススメします。

 

また、冬になると空気が乾燥します。そして、寒いと暖房を使いますが、エアコンでも、電気毛布でも石油ストーブでも、どんな暖房器具を肌を乾燥させて、肌がカサカサになったり、ボロボロになります。

 

しかし、冬の乾燥による被害は肌だけではなく、乾燥による水分不足からドロドロ血になってしまい、血管をスムーズに流れなくなってしまい、血管を詰まらせて、おきまりの血栓や、脳梗塞他を起こしてしまいます。

 

冬の乾燥からドロドロ血を守るのも、やはり適当な水分補給が欠かせません。

 

 

関連ページ

食べ物の影響
ドロドロ血の原因のひとつ「食べ物の影響」について説明します。
ストレスによるもの
ドロドロ血の原因のひとつ「ストレスによるもの」について説明します。
運動不足によるもの
ドロドロ血の原因のひとつ「運動不足によるもの」について説明します。
眠っている間の酸素不足によるもの
ドロドロ血の原因のひとつ「眠っている間の酸素不足によるもの」について説明します。