サラサラ血の検査方法

MENU

サラサラ血の検査方法

 

ドロドロ血は血液の流れを悪くしたり、血管を詰まらせたり傷をつけるなど、ドロドロ血が起こす弊害ははかりしれません。そして、脳梗塞他の死に至るほどの重病まで招きます。

 

従って是非ともこのドロドロ血を解消してサラサラ血にする必要がるのですが、医療機関でのサラサラ血の検査には、通常の健康診断で行われる「血液検査」でわかります。さらに詳しく検査をする必要があるときは「マイクロチャンネル法(MC-FAN)」などの検査法で行われます。

 

血液検査は、一般的に行われる血液の検査で、コレステロール値や、血糖値、中性脂肪やヘモグロビンの検査が行われます。

 

また、マイクロチャンネル法(MC-FAN)の検査では、特殊な医療機器のなかに血液を流すことで血液の状態がわかります。自分でも血液が毛細管内を通過する状態を確認できるこの方法は、健康保険効かないため自費診療となります。

 

また、この医療機器はどこの病院にもあるというものではなく、ごく限られた大きな病院だけにあります。まだ研究段階ということですが、1回の検査だけでは良くわからないこともあり、この検査の結果は課題評価しないほうがいいようです。

 

血小板凝集能検査は、採血するだけの簡単な検査ですが、採血してすぐに検査することが必要です。また、どの医療機関でも検査できるものではなく、予め病院に問いあわせをすることをおススメします。

 

また、ドロドロ血かサラサラ血かは、通常の健康診断でもわかりますし、ドロドロ血になると酸素不足や栄養不足から体に色々な症状が出てきます。

 

例えば、疲れやすくなったり、なかなか疲れが取れないとか、足がむくむ人もいます。生理痛が酷くなったり、肌荒れが続く人もいます。この他にも目が充血したりクマができるなどをしますが、上記の症状は単なる疲れからも起こるものばかりで、たとえ症状が出ていてもわかりにくいのがドロドロ血です。

 

関連ページ

ドロドロ血液とは?
ドロドロ血とはどうのようなものなのか概要を説明します。
ドロドロ血液予防に特製食塩水
ドロドロ血液予防に特製食塩水を活用しましょう。
血管をしなやかにとは?
血管をしなやかにする意味と方法について説明します。